ALSOK

【アルソック|アルボeye】駆けつけサービスがある高齢者見守りカメラ

【アルソック|アルボeye】駆けつけサービスがある高齢者見守りカメラ
ユリコ
ユリコ
高齢者をカメラで見守るサービスの中で、緊急時に駆けつけてくれるサービスはないのかしら?

大手の警備会社であるアルソック(ALSOK)は、カメラで自宅内を見守ることが可能な『HOME ALSOK アルボeye(アルボアイ)』というサービスを提供しています。

高齢者の見守り・安否確認サービスは数多くあり、カメラで見守るサービスも数多くあります。

数多くある高齢者の見守り・安否確認サービスの中で、ALSOKの『HOME ALSOK アルボeye(アルボアイ)』の特徴は何でしょうか?

筆者紹介

総合病院で5年、訪問看護ステーションで10年、作業療法士として勤務してきました。

高齢者の身体機能や住宅環境などを評価し、在宅生活を支える専門家として活動中です。

保有資格:作業療法士介護支援専門員介護福祉士福祉住環境コーディネーター2級

ユタカ
ユタカ
アルボeyeは、カメラタイプの見守りサービスでは珍しい緊急時の駆けつけサービスがあります!

『HOME ALSOK アルボeye(アルボアイ)』は、緊急時の駆けつけサービス以外にも、以下のような特徴があります。

【アルボeyeの特徴】

  • 緊急時にはスタッフが駆けつける
  • 熱中症予防対策ができる
  • 音声通話が可能
  • 人感センサーが感知するとメールで知らせてくれる
  • 夜間の暗い状況でも映像を確認することができる
  • マルチセンサーなどと連携可能なカメラあり
  • 設置工事が不要

また、このページを読むと、『HOME ALSOK アルボeye(アルボアイ)』の概要特徴料金メリット・デメリット『このサービスがどんな方に向いているか』についても、理解することができます。

高齢者見守り・安否確認サービスのカメラタイプの解説記事はこちらです。

高齢者見守りサービス|カメラタイプ
【高齢者見守りサービス|カメラタイプ】映像を見て会話も可能な見守り方法|2022このページでは、高齢者をカメラで見守るサービスの特徴、メリット・デメリット、サービスが向いている方、主なサービス事業者と料金について解説していきます。...

アルボeye(アルボアイ)の概要

アルソック【HOME ALSOK アルボeye(アルボアイ)】は、室内にカメラを設置し、ネットに接続させることにより、自宅内にいる高齢な家族を自宅外から見守ることができるサービスです。

カメラの映像は、家族が、スマホなどで確認し、見守る形となります。

アルボeye(アルボアイ)では、機能に違いのある3種類のカメラが用意されており、カメラの種類によって、料金が変わってきます。

ユリコ
ユリコ
カメラは機能の違う3種類用意されているのね!

アルボeye(アルボアイ)の特徴

緊急時の駆けつけサービスがある

自宅にあるカメラを通して、侵入者があった、家族に異常があるなどの緊急事態が発生した場合は、スタッフの駆けつけサービスを依頼することが可能です。

【アルボeye】駆けつけサービスの特徴

  • 駆けつけサービスは、家族からの依頼が必要。
  • アルソックには、自宅の鍵を預けない
  • 駆けつけたスタッフは、自宅内に入らず、屋外から様子を確認する。
  • 駆けつけサービス料金:3300円(税込)/1回
ユリコ
ユリコ
アルボeyeの駆けつけサービスは、自宅の中までスタッフが入らないのね!

同じアルソックから提供されている自宅内まで緊急時に駆けつけてくれるサービス【HOME ALSOK みまもりサポート】の解説記事はこちらです。

【アルソック(ALSOK)|HOME ALSOK みまもりサポート】遠距離介護・独居にも対応可能
【ALSOK|HOME ALSOK みまもりサポート】遠距離介護・独居にも対応可能このページでは、ALSOK『HOME ALSOK みまもりサポート』を選ぶメリットを紹介し、それぞれについて解説していきたいと思います。このページを読むと、ALSOK『HOME ALSOK みまもりサポート』を選ぶメリットが分かり、サービスの概要についても理解することができます。...

熱中症予防対策ができる

3種類あるカメラには、部屋の明るさ・温度を検知するマルチセンサーと連携できるタイプ(IPC-08FHDzセンサー付きカメラ)があります。

そのカメラを使用すれば、自宅外から室内の温度を確認することが可能で、自宅にいる家族の熱中症対策を以下のような方法で行うことができます。

アルボeyeで可能な熱中症対策

  • 自宅内の室温を把握する
  • 音声通話機能を使って、エアコンの使用、水分摂取を呼び掛ける
ユタカ
ユタカ
室温が分かり、音声通話で、注意を呼び掛けることができるのは、熱中症予防に役立つと思います!
【資料請求はこちら】画面で簡単資料請求をクリック

音声通話が可能

アルボeyeで用意されている3種類のカメラとも、マイクとスピーカーが内蔵されており、見守られている高齢者と家族が音声で会話することが可能です。

見守られる側は音声のみでのコミュニケーションですが、見守る側は映像を見て会話することができ、状況が把握しやすいです。

ユタカ
ユタカ
高齢の方にとって、ご家族と気軽にコミュニケーションが取れることは、認知症予防につながります!

人感センサーが感知するとメールで知らせてくれる

カメラには、人感センサーが内蔵されており、カメラの前を横切った人物を撮影し、画像付きのメールを送信してくれる機能があります。

見守る家族は、四六時中、カメラの映像を確認していなくても、動きがあったことが分かるので、とても便利な機能となっています。

ユリコ
ユリコ
家族以外の不審者が映っていたら、すぐに分かるから安心ね!
【資料請求はこちら】画面で簡単資料請求をクリック

夜間の暗い状況でも映像を確認することができる

アルボeyeで用意されている3種類のカメラとも、夜間撮影用の赤外線レンズが搭載されています。

暗い状況になると、自動的に赤外線レンズに切り替わり、映像を確認することができるようになっています。

ユタカ
ユタカ
暗い状況でも撮影できるので、不審者・防犯対策にも役立ちます!

マルチセンサーなどと連携可能なカメラあり

3種類あるカメラには、マルチセンサー(温度・部屋の明るさ・窓や扉の開閉を検知可能)とスマートロックと連携できるタイプ(IPC-08FHDzセンサー付きカメラ)があります。

スマートロックは、玄関の鍵に設置し、家族のスマホから鍵の開閉が可能な機器となっています。

どちらも、オプションサービスとなっており、マルチセンサー:17600円、スマートロック:53900円で購入可能となっています。

ユリコ
ユリコ
鍵の閉め忘れが多いから、スマートロックがあると安心ね!

設置工事不要

カメラを設置するための特別な工事は、必要ありません。

カメラは、Wi-Fiに対応しているので、自宅内の好きな場所に置いて、ネット環境に接続すれば、すぐに使用可能です。

ユリコ
ユリコ
わずらわしい工事が無いのは、お母さんにも提案しやすいわ!

【資料請求はこちら】画面で簡単資料請求をクリック

料金

月額料金は、使用するカメラの種類(3種類)によって変わります。カメラの種類と料金は以下の通りとなっています。(2022年4月現在)

IPCー06HD センサー付きカメラ

  • 特徴
    価格が一番安いタイプ。
    設置する部屋や場所を選ばずに、設置することが可能
  • 月額料金:2200円
    ※機器料金は月額料金に含まれており、2年で支払い完了。
    ※3年目以降の月額料金は、1100円。

IPC-07W センサー付きカメラ

  • 特徴
    スマホでカメラの向きなどを操作することが可能。
    180度の広範囲を確認することができる。
  • 月額料金:2750円
    ※機器料金は月額料金に含まれており、2年で支払い完了。
    ※3年目以降の月額料金は、1100円。

IPC-08FHDz センサー付きカメラ

  • 特徴
    マルチセンサー・スマートロックと連携可能。
  • 月額料金:2750円
    ※機器料金は月額料金に含まれており、2年で支払い完了。
    ※3年目以降の月額料金は、1100円。
ユリコ
ユリコ
コロナで実家に帰るリスクや時間・お金を考えると、コストパフォーマンスが高いわ!
ユタカ
ユタカ
カメラでコミュニケーションが取りやすくなるので、実際に会った時の話題もふくらむと思います!
【資料請求はこちら】画面で簡単資料請求をクリック

メリット

メリット

①緊急時にはスタッフが駆けつけることが可能

②熱中症予防ができる

デメリット

デメリット

①カメラで24時間365日見守られるため、見守られる高齢者はストレスを感じる可能性がある。

②カメラを設置した場所しか見守ることができないので、緊急事態の発見が遅れる可能性がある。

こんな方におすすめ

【アルボeye】はこんな方におすすめ

  • 緊急時の駆けつけサービスを利用したい方。
  • 失語・構音障害、難聴などで、電話でのコミュニケーションが難しい方。
  • 物忘れなど認知面が低下している方