選び方

【薬飲み忘れ防止のアイデア】電話や訪問せずに一人暮らしの親をサポートする方法

ユリコ
ユリコ
毎日、『薬を飲んで』と、親に電話しているけど、何か便利な方法はないかしら…

高齢のご家族が薬を飲み忘れないように、電話や家に行って呼びかけたり、薬の確認をされるなどの対策をされている方は大勢おられます。

しかし、仕事や家事を抱えて、毎日、内服の呼びかけや確認を行うことは、大きな負担となってしまいます。

そこで、今回は、1人暮らしの高齢のご家族に、電話したり、家に行かなくても、薬の内服の呼びかけや確認が可能なスマートホームサービスや高齢者見守りサービスをご紹介していきたいと思います。

筆者紹介
ユタカ
ユタカ
この記事を読むと、以下のようなことが分かります!
この記事で分かること
  • 薬の飲み忘れ防止対策【スマートホームサービス・高齢者見守りサービスを活用】
  • 薬の内服を呼びかける方法
  • 薬の内服を確認する方法

薬の飲み忘れ防止対策【スマートホームサービス・高齢者見守りサービスを活用】

薬の飲み忘れ防止対策【スマートホームサービス・高齢者見守りサービスを活用】

スマートホームサービスや高齢者見守りサービスを活用することで、以下のような薬の飲み忘れを防止する対策が行えます。

薬飲み忘れ防止対策
  • 音声や文字による薬内服の呼びかけ
  • カメラ映像による薬内服の確認

数年前までは、電話や訪問をしないと、薬内服の呼びかけや確認はできませんでした。

しかし、昨今のネットサービスの発展により、電話や訪問せずに上記の対策を行うことが可能です。

スマートホームサービス・高齢者見守りサービスについては、以下の項目で説明していきます。

ユリコ
ユリコ
電話や家に行かなくても、薬の内服を呼びかけたり、確認できるのは、すごく便利だわ!

スマートホームサービスとは

スマートホームサービス

スマートホームサービスとは、家の中の電化製品や照明をインターネットに接続させて、スマホやスマートスピーカーで操作可能にするサービスです。

一人暮らしの高齢のご家族の家に、スマートホームサービスの機器を設置することで、電話や訪問をしなくても、薬の内服を呼びかけたり、薬を飲んだかの確認を行うことができます。

高齢者見守りサービスとは

高齢者見守りサービス

高齢者見守りサービスとは、センサーやカメラなどの見守り機器を使用して、高齢者の暮らしを見守るサービスとなっています。

高齢者世帯の増加に伴って、利用される方が増えています。

薬の内服を呼びかける方法

薬の内服を呼びかける方法

高齢で認知面の低下があると、薬を飲むことを忘れてしまうため、薬の内服を呼びかけることが必要です。

薬の内服の呼びかけは、以下のようなスマートホームサービスの機器や見守りサービスで行うことが可能です。

薬の内服呼びかけ可能な機器・サービス
  • スマートスピーカー
  • 見守りカメラ
  • みるモニ

それぞれについて、詳しく解説していきます。

スマートスピーカー

スマートスピーカー

スマートスピーカーとは、インターネットに接続したスピーカーで、AI(人工知能)によって、調べ物や音楽再生、家電操作などが行えます。

代表的なスマートスピーカーは、Google(グーグル)やAmazon(アマゾン)から販売されています。

どちらのスマートスピーカーでも、専用のアプリから決められた日時に、『薬の時間です』などと好きなメッセージ設定して、自動的に薬の内服を呼びかけることが可能です。

代表的なスマートスピーカーを紹介していきます。

ユリコ
ユリコ
一度設定すれば、自動的に薬の内服を呼びかけてくれるのね!

Google|Nest Mini スマートスピーカー

薬の内服などの予定の呼びかけだけではなく、天気やニュースなどの情報検索、音楽再生も可能なスピーカーとなっています。

予定の呼びかけは、Google Homeアプリのルーティンというボタンから設定可能です。

時間・曜日、繰り返しの有無、呼びかける内容などを入力します。

Amazon|Echo Dot(エコードット)第4世代

Amazonが提供するスマートスピーカーで、Googleと同様の機能を有しています。

予定の呼びかけは、アレクサアプリのリマインダーという機能を使います。

リマインダーの内容(呼びかける内容)、繰り返しの有無、日時、時刻などを設定すれば、完了です。

見守りカメラ

見守りカメラ

見守りカメラは、ネット環境がある場所に設置すれば、離れた所からスマホなどで映像を確認することが可能です。

映像を確認するだけではなく、カメラにマイク・スピーカーも内蔵されており、カメラの前にいる人と離れた場所にいる見守る人との間で、会話することが可能です。

この機能を使って、カメラの前にいる人に、薬の内服を呼びかけることが可能です。

見守りカメラの紹介は、映像による薬内服の確認の項目で行います。

ユタカ
ユタカ
見守りカメラの会話機能は、見守られる側に特別な操作が必要ないので、電話による呼びかけよりも便利です!

みるモニ

みるモニ

みるモニは、ネット回線と各種センサーが内蔵された本体をテレビに接続し、高齢者の生活を見守るサービスとなっています。

特徴は、テレビに接続している点であり、テレビにメッセージを表示させる機能があります。

この機能を使って、薬を内服する時間に、『薬の時間です』とテレビに表示させれば、薬の内服を呼びかけることができます。

難聴などで、電話や音声での呼びかけが難しい場合の代わりの手段として、おすすめです。

みるモニの解説記事は、こちらです。

【みるモニ】見守りサービス
【みるモニ】使用レビュー|テレビメッセージ機能で生活が変わる!見守りサービス最近、コロナの感染拡大で、実家に帰る回数が減り、高齢の親の暮らしぶりを心配する人が増えています。このページでは、センサーで活動量や室内環境のチェックが可能で、テレビにメッセージを送る機能がある『みるモニ』を3か月間使用した感想などを紹介します。...
ユタカ
ユタカ
メッセージを表示させる日時の指定や繰り返しも行えます!

薬の内服を確認する方法

薬の内服を確認する方法

薬の内服を呼びかけるだけではなく、薬を保存している服薬カレンダーやケース近くに、カメラを設置しておくと、薬の内服を確認することが可能です。

薬の内服の確認は、以下のようなスマートホームサービスの機器や見守りサービスで行うことが可能です。

薬の内服確認可能な機器・サービス
  • スマートディスプレイ
  • 見守りカメラ

それぞれについて、詳しく解説していきます。

スマートディスプレイ

スマートディスプレイ

スマートディスプレイとは、スマートスピーカーにディスプレイが付いた形となっており、見た目はタブレットに似ています。

よって、スマートスピーカーと同様に、『薬の時間です』などと好きなメッセージ設定して、自動的に薬の内服を呼びかけることが可能です。

スマートスピーカーは、音声のみで操作しますが、スマートディスプレイは音声での操作に加えて、ディスプレイにタッチしても操作することが可能となっています。

また、カメラが内蔵されており、室内の様子を確認することが可能な点も、スマートディスプレイの大きな特徴となっています。

このカメラ機能を使用して、離れた場所から映像を見て、薬の内服を確認することが可能です。

以下に、薬の内服が確認可能な代表的なスマートディスプレイを紹介します。

Google|Google Nest Hub MAX

薬の内服呼びかけと確認だけではなく、YouTubeの視聴やビデオ通話などを行うことが可能です。

Amazon|Echo Show10(エコーショー10)

Googleのスマートディスプレイと同様の機能を有しており、薬の呼びかけと内服確認が行えます。

見守りカメラ

見守りカメラ

見守りたい家族が住んでいる家にカメラを設置し、カメラの映像を見ることによって、薬の内服を確認することが可能です。

代表的な見守りカメラを紹介します。

スイッチボット|カメラ


スイッチボット(SwitchBot)とは、家の中の電化製品や照明をスマホやスマートスピーカーから操作することを可能にするスマートホームサービスです。

スイッチボット(SwitchBot)には、屋内を見守る目的で、屋内カメラ・見守りカメラの2種類が2種類がラインナップされており、薬の内服呼びかけと確認を行うことが可能です。

スイッチボット(SwitchBot)の公式ホームページはこちらです。

「スマートホーム」のベストセラー【SwitchBot公式サイト】

スイッチボット屋内カメラ(首振りなし)、見守りカメラ(首振りあり)の購入はこちらから可能です。

スイッチボット|カメラ・人感センサーの解説記事は、こちらです。

【スイッチボット】屋内カメラ|人感センサー
【スイッチボット|カメラ・人感センサー|レビュー】高齢者の見守りに使ってみました!最近、スマートホームサービスとして注目を浴びているスイッチボット(SwitchBot)ですが、屋内カメラや人感センサーもシリーズにラインナップされています。今回は、スイッチボット(SwitchBot)を高齢者の見守りに、実際に使用してみたレビューを紹介していきます。...

ATOM Cam2(アトムカムツー)

【ATOM Cam 2(アトムカムツー)】見守りカメラサイズ

『ATOM Cam 2(アトムカムツー)』は、屋内・屋外で使用可能な見守りカメラです。

スイッチボット(SwitchBot)のカメラと同様に、薬の内服呼びかけと確認を行うことが可能です。

公式ホームページは、こちらです。

ATOM Cam2(アトムカムツー)

購入は、こちらからできます。

ATOM Cam2(アトムカムツー)の解説記事は、こちらです。

【ATOM Cam 2(アトムカムツー)】見守りカメラ
【ATOM Cam 2(アトムカムツー)|使用レビュー】2980円カメラで高齢者見守り高齢者をカメラで見守るサービスは、機材費や月額料金がネックとなって、利用を迷う方も多いようです。2980円でカメラを購入すれば、追加費用なしで高齢者を見守ることが可能な『ATOM Cam 2(アトムカムツー)』を実際に使用した感想などを紹介します。...