ALSOK

【ALSOK|HOME ALSOK みまもりサポート】遠距離介護・独居にも対応可能

【アルソック(ALSOK)|HOME ALSOK みまもりサポート】遠距離介護・独居にも対応可能
ユリコ
ユリコ
遠距離介護や独居でも利用できそうな高齢者見守りサービスは、あるかしら?

昨今、遠くに離れて住む高齢な家族を見守るため、高齢者の見守り・安否確認サービスを利用する人が増えています。

しかし、高齢者の見守り・安否確認サービスは数多くあり、状態に合った適切なサービスを選ぶことができず、在宅生活が難しくなってしまう方も多いようです。

ALSOK(アルソック)の『HOME ALSOK みまもりサポート』では、どのようにして、遠距離介護独居の高齢者を見守ることができるのでしょうか?

筆者紹介

総合病院で5年、訪問看護ステーションで10年、作業療法士として勤務してきました。

高齢者の身体機能や住宅環境などを評価し、在宅生活を支える専門家として活動中です。

保有資格:作業療法士介護支援専門員介護福祉士福祉住環境コーディネーター2級

遠距離介護や独居高齢者でも見守れる理由

  • 24時間・365日、見守り機器からの異常の有無をサービス提供会社が見守ってくれる。
  • 異常の可能性がある場合、サービス提供会社が、状況を確認してくれる。
  • 緊急事態にはサービス提供会社のスタッフが駆けつける。
  • 救急車を呼ぶ際は、事前に登録していた持病やかかりつけ病院の情報を救急隊に引き継いでくれる。
ユタカ
ユタカ
『アルソック みまもりサポート』では、見守り緊急時の対応がサービス提供会社におまかせできます!

遠距離介護や1人暮らしの高齢者を見守る場合、四六時中、見守り機器からの情報を確認し、緊急事態に駆けつけることは、不可能だと思います。

【アルソック(ALSOK)|みまもりサポート】と【セコム(SECOM)|親の見守りプラン】では、24時間・365日、豊富な見守り機器を使って異常が無いかを見守り、緊急事態に対応することが可能です。

また、救急車を呼ぶ際は、事前に登録しておいた持病やかかりつけ医の情報を救急隊に引き継いでくれるので、スムーズな救急搬送につながります。

そこで、このページでは、遠距離介護や1人暮らしの高齢者の見守りにも対応可能な【アルソック(ALSOK)|みまもりサポート】の解説をしていきます。

ALSOK(アルソック)【みまもりサポート】の特徴

ALSOK(アルソック)『HOME ALSOK みまもりサポート』とは、2020年7月に大規模にリニューアルされて提供開始となったサービスで、様々な見守り機器を使用して、屋内で高齢者を見守ることが可能となっています。

その特徴は、以下のようになっています。

『みまもりサポート』の特徴

  • 様々な見守り機器がある
  • 緊急時にはスタッフが駆けつけることが可能
  • 熱中症や災害発生の危険性を呼びかけることが可能
  • 健康相談ができる
  • 持病やかかりつけ病院などの情報を登録することが可能

様々な見守り機器がある

ALSOK(アルソック)『HOME ALSOK みまもりサポート』では、体の状態や生活環境に合わせた様々な見守り機器を使用することができます。

見守り機器が豊富なので、様々なリスクに対応することが可能となっています。

ここでは、見守り機器・センサーなどについて紹介していきます。

コントローラー
『みまもりサポート』の司令塔となる機器で、以下のような機能があります。
  • スピーカー(火災・ガス漏れ・熱中症・災害発生などの警報音が鳴る
  • 相談ボタン(24時間・365日健康などの相談が可能
  • 緊急ボタン(体調不良などの緊急時に押すと、スタッフが駆けつける)
非常ペンダント
ペンダント型の携帯可能なボタンで、自宅内で体調不良などの急変時にボタンを押して緊急通報することが可能。
安否確認ボタン
服薬などの1日の中の決まった行動の際、ボタンを押すことで家族にメールで知らせてくれる。(オプションのみまもり情報提供サービスの契約必要)
空間センサー
普段過ごしている部屋に設置する人体などの熱を感知するセンサー。安否確認に使用され、その結果を家族にメールで知らせてくれる。(オプションのみまもり情報提供サービスの契約必要)
開閉センサー
トイレなどの日常生活の中で必ず出入りする部屋の戸に設置するセンサーで、一定時間、戸の開閉が無かった場合、スタッフが急行する。(オプションのライフリズム監視サービスの契約必要)
火災センサー
熱や煙などを感知するセンサー。異常があると、ALSOKに自動的に通報、消防などへ連絡されると同時に、スタッフも急行する。
ガスセンサー
ガス漏れを感知するセンサー。異常があると、ALSOKに自動的に通報される。
みまもりタグ
見守られる人が小型のみまもりタグを持ち歩くことによって、外出・帰宅、位置情報の履歴などを確認することができる。
ユリコ
ユリコ
これだけたくさん見守る機器があると、離れて暮らしていても安心だわ!
ユタカ
ユタカ
しかも、異常が無いかをALSOK(アルソック)が24時間・365日見守ってくれるから安心なんです!



緊急時にはスタッフが駆けつけることが可能

コントローラーの緊急ボタン・非常ペンダントを押すことにより、スタッフが駆けつけることが可能です。

ALSOK(アルソック)は大手の警備会社ですが、警備業法という法律によって、25分以内に現場にスタッフを到着させるように決められています。

全国に緊急発進拠点が約2400ヵ所あり、緊急時には平均して5~15分で駆けつけてもらえるようです。

ユリコ
ユリコ
緊急時には、5~15分で駆けつけてもらえるなんて、驚きだわ!
ユタカ
ユタカ
緊急時に対応してくれる介護保険のサービスよりも、駆けつける時間は早いと思います!
【資料請求はこちら】画面で簡単資料請求をクリック

熱中症や災害発生の危険性を呼び掛けることが可能

近年、温暖化による熱中症、集中豪雨による水害、巨大地震などの発生リスクが高まっています。

ALSOK(アルソック)『HOME ALSOK みまもりサポート』では、熱中症や災害発生の対策が備わっています。

①熱中症対策

みまもりサポートのコントローラーに温湿度センサーが内蔵されており、熱中症の危険性がある場合は音声で警告してくれる。オプションのみまもり情報提供サービスを契約している場合には、家族にもメールで連絡してくれる。

②災害時の避難支援
みまもりサポートのコントローラーには、国や自治体が発信する緊急速報を受信する機能があり、音声で読み上げて避難を促してくれる。オプションのみまもり情報提供サービスを契約している場合には、家族にもメールで連絡してくれる。

ユリコ
ユリコ
最近、熱中症で倒れる人や災害も増えているから、いざという時に安心ね。
ユタカ
ユタカ
最近の暑さや災害発生のリスクは高まっているので、本当に安心のサービスです!



健康相談ができる

『みまもりサポート』のコントローラーにある相談ボタンを押すと、24時間365日ALSOK(アルソック)のヘルスセンター(看護師常駐)につながり、健康に関する相談にのってもらえます。

相談にのってもらえる内容は、以下のようになっています。

『みまもりサポート』で相談可能な内容

  • 健康・介護に関すること
  • 医療機関・介護施設の情報
  • 介護関連施設への取り次ぎ
  • 介護事業者の紹介
  • 疾病予防・健康管理に関する施設紹介
ユリコ
ユリコ
医療の専門職である看護師さんと相談できるのは、すごく心強いわ!

【資料請求はこちら】画面で簡単資料請求をクリック

持病やかかりつけ病院などの情報を登録することが可能

体調などの急変で、救急搬送が必要な場合、駆けつけたALSOKのスタッフが登録していた持病かかりつけ病院の情報を救急隊員に引き継いでくれます。

ユタカ
ユタカ
救急搬送となった場合、持病やかかりつけ病院を救急隊員に伝えることが、スムーズな搬送につながります。



料金

初期費用や月額費用がリーズナブル

ALSOK(アルソック)『HOME ALSOK みまもりサポート』は、緊急時にスタッフが駆けつける『緊急駆けつけサービス』がありますが、初期費用や月額費用がリーズナブルとなっています。

『みまもりサポート』の初期・月額費用がリーズナブルな理由

  • ホームセキュリティーサービスの契約の必要がない。
  • 初期費用のかからないゼロスタートプラン、初期費用が安いレンタルプラン、月額費用が安いお買い上げプランの3種類の基本サービス月額料金が用意されている。

基本サービスの月額料金(2022年4月現在)

ALSOK(アルソック)『HOME ALSOK みまもりサポート』では、初期費用のかからないゼロスタートプラン、初期費用が安いレンタルプラン、月額費用が安いお買い上げプランの3種類の基本サービス月額料金が選ぶことができます。

ゼロスタートプラン

ゼロスタートプランは、見守り機器・工事費などの初期費用が全くかからない代わりに、月額料金は少し高めのプランとなっています。

月額料金 2,970円(税込)
見守り機器費 0円(見守り機器はレンタル)
工事費 0円

レンタルプラン

レンタルプランは、工事費はかかるが、見守り機器費はかからないというプランになっています。

月額料金は、3種類のプランの中で、中間の金額となっています。

月額料金 2,750円(税込)
見守り機器費 0円(見守り機器はレンタル)
工事費 13,200円(税込)

お買い上げプラン

お買い上げプランは、見守り機器費・工事費はかかるが、月額料金は安いプランとなっています。

月額料金 1,870円(税込)
見守り機器費 52,800円(税込、見守り機器は購入で、10年無料保証)
工事費 13,200円(税込)
ユリコ
ユリコ
実家に帰る交通費を考えると、見守りサービスは思ったほど高くないわ!

オプションサービスの料金(2022年4月現在)

ALSOK(アルソック)『HOME ALSOK みまもりサポート』のオプションサービスは、契約する3種類の基本サービスプランによって、月額料金・見守り機器費・工事費が異なってきます。

オプションサービスと料金は、以下のようになっています。

非常ペンダント

ゼロスタートプラン
  • 月額料金:154円(税込)
  • 見守り機器費:0円
  • 工事費:0円
レンタルプラン
  • 月額料金:154円(税込)
  • 見守り機器費:0円
  • 工事費:0円
お買い上げプラン
  • 月額料金:0円
  • 見守り機器費:9,130円(税込)
  • 工事費:0円

火災監視

火災監視では、火災センサーを使用します。

ゼロスタートプラン
  • 月額料金:385円(税込)
  • 見守り機器費:0円
  • 工事費:0円
レンタルプラン
  • 月額料金:330円(税込)
  • 見守り機器費:0円
  • 工事費:3,300円(税込)
お買い上げプラン
  • 月額料金:110円(税込)
  • 見守り機器費:12,650円(税込)
  • 工事費:3,300円(税込)

ライフリズム監視

ライフリズム監視では、開閉センサーとセンサー送信機を使用します。

ゼロスタートプラン
  • 月額料金:627円(税込)
  • 見守り機器費:0円
  • 工事費:0円
レンタルプラン
  • 月額料金:539円(税込)
  • 見守り機器費:0円
  • 工事費:5,280円(税込)
お買い上げプラン
  • 月額料金:330円(税込)
  • 見守り機器費:12,320円(税込)
  • 工事費:5,280円(税込)

空間センサー(みまもり情報提供サービス)

空間センサーを使用して、安否確認を行い、その結果を家族にメールで知らせてくれます。

また、熱中症の危険性がある時や災害時の緊急速報メールを受信した際にも、家族にメールで知らせてくれます。

ゼロスタートプラン
  • 月額料金:836円(税込)
  • 見守り機器費:0円
  • 工事費:0円
レンタルプラン
  • 月額料金:781円(税込)
  • 見守り機器費:0円
  • 工事費:3,300円(税込)
お買い上げプラン
  • 月額料金:550円(税込)
  • 見守り機器費:13,420円(税込)
  • 工事費:3,300円(税込)

安否確認ボタン(みまもり情報提供サービス)

安否確認ボタンを使用して、安否確認を行い、その結果を家族にメールで知らせてくれます。

また、熱中症の危険性がある時や災害時の緊急速報メールを受信した際にも、家族にメールで知らせてくれます。

ゼロスタートプラン
  • 月額料金:803円(税込)
  • 見守り機器費:0円
  • 工事費:0円
レンタルプラン
  • 月額料金:803円(税込)
  • 見守り機器費:0円
  • 工事費:0円
お買い上げプラン
  • 月額料金:550円(税込)
  • 見守り機器費:15,070円(税込)
  • 工事費:0円

みまもりタグ(みまもり情報提供サービス)

見守られる人が小型のみまもりタグを持ち歩くことによって、外出・帰宅、位置情報の履歴などを確認することができます。

また、熱中症の危険性がある時や災害時の緊急速報メールを受信した際にも、家族にメールで知らせてくれます。

ゼロスタートプラン
  • 月額料金:594円(税込)
  • 見守り機器費:0円
  • 工事費:0円
レンタルプラン
  • 月額料金:594円(税込)
  • 見守り機器費:0円
  • 工事費:0円
お買い上げプラン
  • 月額料金:550円(税込)
  • 見守り機器費:2,420円(税込)
  • 工事費:0円
ユタカ
ユタカ
サービスの導入時には、どの見守り機器が必要か、相談にのってもらえるので、体調や環境に合った見守りをすることが可能です!

メリット

メリット

①様々な機器でALSOKが24時間365日見守ってくれる

②緊急時にはスタッフが駆けつけてくれる

デメリット

デメリット

①基本的に見守る場所は自宅内に限られる

②オプションサービスを複数選ぶと月額料金が上がってしまう

こんな方におすすめ

『みまもりサポート』はこんな方におすすめ

  • 体調の急変、転倒などの緊急事態が発生するリスクが高い
  • 家族が、見守り機器からの情報を確認することが難しく、緊急事態が発生した際に駆けつけることができない
  • 遠距離介護や1人暮らしの高齢者を抱える家族